大邱 壁画マウル 마비정(馬飛亭)

大谷(Daegok)駅からバスに揺られ30分。

壁画マウル 마비정(馬飛亭)に着きました。


この時、時間は午後2時27分。


帰りのバスの時間は3時5分発。30分ちょっとしかないけど大丈夫かしらと心配しましたが…ゆっくり見て回り丁度30分でした(*´▽`*)


a0187658_15092484.jpg


こちらの壁画マウルの絵は弘大出身のイ ジェド画伯が2012年に約3ヶ月かけてお1人で描かれたそうで、とっても味があってホンワカする壁画たちでした。


馬飛亭(マビヂョン)とい名前の由来は…

昔ある将軍が村の前の山に登り向かいの山にある岩に向けて弓を射る際に、馬に向かって「矢よりも早く山を駆け上がれなければ生かしてはおかぬ」と言いました。
結局馬は矢より早く到着することができず殺されてしまったそうですが、そんな馬の姿を見て不憫に思った村人たちが東屋を建て馬飛亭(マビヂョン)と名付けたというのが一説。

清道(チョンド)や嘉昌(カチャン)地域の住民たちが漢陽(現在のソウル)へ行く道に、美味しくて飲むと疲れがとれる水が湧いている井戸があり、馬もこの水を飲むと元気回復したことから馬飛井と呼ぶようになったという説もあるそうです。



a0187658_10524769.jpg


a0187658_20440155.jpg


a0187658_20443221.jpg


a0187658_14421831.jpg


a0187658_14422250.jpg


a0187658_14422899.jpg

村で取れた柿も売ってました。


a0187658_14501332.jpg



a0187658_14423303.jpg



紅葉の山に囲まれた小さな村の懐に温かく包まれとってもゆったりした気分を味わいました(*´▽`*)



最後までお読み頂きありがとうございます。
お帰りの際にクリックして頂けたら嬉しいです。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ
にほんブログ村
by totorohahaha | 2015-12-20 20:24 | -15.紅葉のDaegu | Comments(0)
<< 日韓・韓日 国交正常化50周年... 新大久保 ソレカルメギ日本1号店 >>